パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業
バネの接触する部分のほとんどがステンレス製<手作業向けバネばらし機トップページ

手作業向けバネばらし機が好まれている点

安全性と作業性を両立させた手作業用バネばらし機 手作業向けのバネばらし機のどの部分に強みを感じていただいているのか、を聞いてみました。
一番多い回答は「バネの接触部がほとんどステンレス製だからね」とのこと。


標準仕様でもバネの接触部のほとんどがステンレス

手作業向けバネばらし機の上部 電子部品関係の部品を組立しているお客様では特に、材料に対する関心が強かったですね。
コンタミの発生、いわゆる異物混入を嫌うため、樹脂製はできるだけ避けたいようです。
たしかに、樹脂が削れてバネに付着し、それが原因となって導通不良を起こしてしまうと、部品としては大問題に繋がりますからね。
樹脂の下側にもSUSプレートをつけています 樹脂製の投入口の下面にはSUSの円板を取付けていますので、青い樹脂に届くくらいバネが跳ね上がらないと、樹脂に接触することは少ないです。
樹脂が削れるなんてことも、そうそうありません。

大善の手作業向けバネばらし機は、標準仕様でもバネが接触する部分の大半がステンレス製なので安心してご使用いただけると、評価していただいてます。
そういう理由により、大善のバネばらし機に興味を持っていただくお客様は多いですね。